新HP構築中

みなさまご無沙汰いたしております。

長年この山本集公式ホームページを展開していたサーバーから新たにお引っ越しをいたしました。

ついては、現在お見苦しい点が多いかと思いますが、少しずつ見易いページへと構築中でありまして、どうぞ生暖かく見守っていてください。

完成まで、少し時間がかかりそうですが・・・(汗)

12月16日

昨日のお昼、何気に空を見上げたらアトリエの屋根付近に大きなトンビが円を描いていました。
しばらくボーッと眺めた後、はっ!と我に帰り慌ててシャッターを・・・。
「そうか。明日が命日やからもう帰って来たんやな・・・」
山本集の墓参りをすると、季節を問わずどこからともなく翼を大きく広げたトンビが飛んでくる・・・という話を以前にもご紹介しました。
これは、我々スタッフのみならず、山本の墓をお参りくださる誰しもが遭遇する共通の出来事です。
それ以来、トンビが目の前に現れたら〜
「あー、何か伝えたいことがあるんかなぁ」なんて考えるようになりました。
なので今朝は早めに仏前で手を合わせ、つやつやと輝く新米と大好物だった京都のすぐきをお膳に
並べてみました。
昨日、目にしたトンビは〜
「おい、忘れてへんか。明日はワシの命日やぞ。
食いたいもんいうさかいに、ちゃんとまわり(準備)しとけよ」
と、言ってたような・・・(笑)
さて、すぐきを食べた感想を聞きにお墓まいりに行ってきます。

深秋・・・

明日で11月も終わりとなり2018年が足早に過ぎ去ろうとしています。
先日、山本集の姉が住む兵庫県宍粟市にお邪魔してきました。
ここ奈良県五條市からは車で約2時間半。
幸い、秋晴れでとても暖かくドライブにはもってこいな1日でした。
このお姉さんこそ、ヤンチャ、ゴンタクレで名を馳せた浪商時代の山本と
野球一筋脇目も振らず毎夜手のひらに血が滲むほど素振りに明け暮れた
張本勲氏の2人を一生懸命お世話した(大学生だったのに・・・)かのお姉さんです。
今では80歳を超え・・・いやいや実際はこんな80歳はいないだろう!
さすが山本の実姉!と唸るほどのトーク力(笑)
楽しい1日を過ごすことができました。
で、ふと裏山を見ればどこかで見たことのあるような懐かしい風景。
すぐにカメラに収めたのがこの上の写真です。

アトリエに戻り、あれこれ想いを馳せていると・・・。
そう!
山本集がヤクザから画家に転進し初めての画集「山河有情」でした。
表紙になった作品が、まさに秋の深まりを描いたもので、
この風景が写真の景色と合致したのでした。
懐かしいですねぇ〜
残念ながら今は販売していませんが、まだヤクザ現役の頃迷いながらも
「画家」への道に向かって描いた作品集。久しぶりに開いてみると胸がじわっと熱くなりました。
来月の16日で山本が旅立ってから満7年です。
おかげさまで静かに時を刻んでいる今日この頃です・・・。

収穫期到来

日本一の柿の町、奈良県五條市は今まさに富有柿の収穫期に突入しています。
柿といえば、皆さんならご存知の通り山本集が「故郷の味」と銘打って
多くの作品を描くほど、切っても切れない故郷の味なのです。
今年は、台風や長雨の影響もあって収穫は、例年の2〜3割ほど少ないそうです。
しかしその甘さに至っては、かなりのものが出来上がっているらしく
アトリエのスタッフも、今か今かと今年の富有柿に舌鼓を打てる日を
楽しみにしています。
写真は、まさに山本が我慢し切れず自らの手でむしり取って頬張ったという山本家の柿畑。
この時期ならではの風景です。

そうこうしているうちに、早いもので11月も半ばに突入。朝晩の冷え込みも、身に染みますね。
今年は、日本のスポーツ界の根源を揺るがすような出来事が次から次へと露呈し、空の上からボヤキ声が聞超えてくるようでした。
でも、思い返せばそんなボヤキを言える立場ではないはずなのですが・・・(汗)
そして今頃は、平成最後の行方を見届ける役目に没頭していそうです。

生誕78周年

みなさん、お久しぶりです。
日本列島を襲う連日の酷暑に、くれぐれもご自愛くださいませ。
また、西日本を襲った豪雨にて被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
さて、本日7月15日は山本集の78回目の誕生日と相成りました。
未だ存命していれば、昨今のスポーツ界を揺るがすニュースに、苦言を呈し
人一倍やかましいボヤキ老人になっていたことでしょう。
顔面指名手配とまで言われた強面の山本集でしたが、80歳を前にどんな姿になって
いたのだろうと想像をしてみるも、もはや毎日眺めている写真の顔のみが浮かんで参ります。
今夜は、大好物の桃に冷たくした茶粥、梅干しにぬか漬けを仏前に備え
78歳になった山本集に想いを馳せたいと思います。
(おはぎの代わりには、水羊羹を・・・笑)

柿の葉寿司

いよいよゴールデンウィークに突入しました。
普段なら静かな五條の町も一気に賑わいを見せています。
青々と眩しい若葉を見せる柿の木に見送られながら、十津川そして大塔と自然の宝庫を目指すご家族、
さらに和歌山県新宮市まで足を延ばすライダー一群が行きかいます。
そんな中、アトリエにも馴染みのお客様が訪ねて来られ、山本集が遺した作品をご覧いただきました。
ちょうどお昼時ということもあって、五條名物「柿の葉寿司」をお客様とともに頬張ります。
この「柿の葉寿司」は、お祭りや節句はもちろん、五條市民には普段の食卓にも度々上がる
切っても切れない名産品です。
一つずつ丁寧に柿の葉で包まれた鯖寿司。
もちろん山本集にとっての故郷の味でもありました。
今では、デパートを始め全国配送も行なっているようですので、
皆様にも、ぜひ五條の味に舌鼓を売っていただきたいものです。
「柿の葉寿司を口にすることがあったら、ワシのこともちょっと思い出して見てや〜」
山本が笑っている様子が目に浮かびます(笑)

百花繚乱

霊安寺町 日吉神社

先日まで、あんなに寒かったのに一気に春日和。
皆様には、体調を崩されたりしていませんか。
桜前線の声とともに、ここ五條市も桜が満開の時を迎えました。
桜といえば、画家・山本集が生涯を通して挑み続けた富士山には欠かせない日本の花。
山本の描く春の富士の麓にも咲き誇っています。
このアトリエがある五條市丹原町には、桜並木こそありませんが
山肌や田んぼのあぜ道など、ところどこに桜の木が腰を据えています。
毎年、この季節には智辯学園のある辯天宗の桜をご紹介してきましたが、
今年は、新しい名所「日吉神社」の桜をお楽しみください。
普段は、田んぼの真ん中にひっそりと赤い鳥居が見えるのですが、
桜満開の今日は、その存在感を放す美しさでいつも以上に大きく見えました。
山本集が過ごした奈良県五條市。
我々スタッフも知らない隠れた名所がまだまだありそうです。

春の彼岸(春分の日)

霊安寺町 御霊神社にて

真冬に戻ったような気候の春分の日。
天気予報によりますと、明後日あたりからぐんぐん気温上昇で暖かくなるとか。
アトリエの枝垂れ梅も、一気に花を咲かせることでしょう。
春のお彼岸ということで、吉祥寺ご住職の読経にて明日、山本家の先祖を忍びます。
お彼岸に関わらず、月命日にわざわざお墓までお運びくださいます方、
そして遠方からこのお彼岸にお参りくださいます方、またお住まいの地で山本集の為に手を合わせて
くださいます方・・・皆様には、心より感謝申し上げます。
合わせてくださった手を下げて頂いた時、トンビが空を舞っていたらそれこそ山本集です。
以前にも書いたと思いますが、山本が亡くなってから以降、お墓参りをするたびに
季節問わずどこからともなくトンビが飛んで来るのは、今では周知の事実。
その姿を目にした方は、ぜひ笑ってやってくださいね。

狼スープ 濃厚味噌ラーメン(明星)

遅ればせながらの謹賀新年!
今年も画家・山本集ともどもよろしくお願いいたします!!
早速、新年早々に嬉しいニュースが飛び込んで参りました!
山本集、そして山本集作品のファンでいてくださる北海道在住のお客様が
精魂込めて創り上げておられる味噌ラーメン。
その味噌ラーメンが、この度カップラーメンとして新発売されました( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧
その名も「狼スープ濃厚味噌ラーメン」
もし山本集が生きていたならどれほど喜んだことでしょう。
我々スタッフ「山本集ならどうする?」と考えました。
「おい!五條のローソン回ってその狼スープ濃厚味噌ラーメン全部買うて来い!」
そう言うに違いないと思い、ひとっ走り(笑)

奈良県五條市では、ローソンにて発売中!

そして次は実食へ。
我々スタッフそして山本の孫、山本のお仲間のみなさんと一緒に頂戴しました。
その第一声が・・・
「いやぁ、ワシらの知っとるカップラーメンとは全然ちゃうな(違うな)」
「ほんまもんのラーメン食べとるみたいや」
「こりゃ、独特の風味で病みつきになりそうやな」
「ピリリとした味噌スープがえらい(すごく)旨いがな」などなど・・・
即席グルメリポーター達が好き放題に感想を言い合いました。
このラーメンの生みの親でもある鷲見健さま。
大変男気のある情深いお方だと、スタッフA。
山本集が旅立って1年後の遺作展においては、わざわざ北海道から大阪まで足を運んでくださいました。
このエピソードを聞くだけで、そのお人柄がよくわかります。
山本集の作品を愛して下さるお客様の中には、鷲見様をはじめとし
ご自分のお子様に「アツム」と名付けられた方、そしてご自分の会社に「集」と名付けられた方など
多くの方がご活躍されています。
そして山本集の作品を愛して下さるお客様皆様が、今年1年も幸せでお過ごしになりますよう
空の上から全力でお見守りしているに違いありません。
どうかどうかご自愛され、一層のご活躍をお祈りいたしております!
2018年1月 アトリエやまもとあつむスタッフ一同
  *********************************************************************
〒064-0811   札幌市中央区南11条西1丁目5-1
駐車場について 駐車場はお店の右側に1台のみご用意しております。
店名 味噌らーめん専門店 狼スープ
営業時間 AM11:00~PM3:30
PM17:00~PM7:30
定休日 水曜日、第3火曜日

七回忌法要

先日、家族のみで山本集の七回忌法要を執り行いました。
早いもので、山本集が旅立ってから今年の12月を持って6年目となります。
山本亡き後のこの6年を振り返り、山本の眼にはどのように映っているのでしょうか。
政治・経済・文化あらゆるジャンルに興味を持っていた山本。
故郷でもあるこの奈良県五條市を愛してやまなかった山本。
自らの傍にいつも寄り添ってくれていた仲間たちへの恩情を大切にしていた山本。
生前思い描いていたであろう光景が繰り広げられているでしょうか。
ほんの少しの時間でも良いから問うてみたいところです。
七回忌法要について、多くの方にお知らせせず執り行いましたこと、
普段より気にかけてくださっているご友人方々、ファンの方々にはお詫び申し上げます。
山本集の人生は、多くの人を巻き込みながらの波乱万丈なものでした。
ついては、次の世では平凡で平静な人生を送れるよう願いを込めて、
特別ではなく家族のみささやかな法事といたしましたことご理解賜りましたら幸いです。