ドスを絵筆に持ち替えて、日本一の山 富士山に捨身で挑む異色の画家

昭和15年、奈良県五條市で生まれる。地元の小、中学校を卒業後、プロ野球選手に憧れ、大阪の浪商に進学、野球部に入部する。同期の張本勲氏(元プロ野球選手)らと甲子園を目指す。しかし、部員の不祥事などで一年間公式試合出場停止となり、夢破れる。

卒業後、故郷で寿司屋と庭石屋を営みながら、智弁学園(奈良県)の初代野球部監督に就任する。浪商仕込みのシゴキで部員を鍛えたが、そのシゴキが問題化し、一年半で監督を退任せざるを得なくなる。練習の成果もあり、智弁学園は翌年甲子園初出場を果たす。教え子の晴れ姿を喜びながらも、失意の底にあった山本は店をたたみ、男になりたいの一心で大阪の諏訪組系淡路会に入る。

男気一本で極道社会で頭角を現し、昭和48年、33歳の若さで諏訪組系山本組を旗揚げする。大阪では武闘派として恐れられ、約10年の刑務所生活も送る。

浪商の同級生だった谷本勲氏から、いつまでもヤクザであることを諭され、又、好きだった絵を描くことを勧められ、組事務所で絵を描き始める。絵を描くうちに、純な子供の頃の思い出が次々に脳裏に浮かび、キャンバスに形となって現れた。

悩んだ末にヤクザをやめ、堅気になることを決意。平成元年、組を解散し正式に堅気となる。以来、叙情的かつ壮大な画風で全国に多くのファンを持つ。

2011年(平成23年)12月16日永眠