アトリエへの階段 その2

初個展「山河有情展」ポスター

第2回「山河有情展」ポスター

さてさて、何やら写してはいけないものが写っているとご指摘をいただいた(笑)
アトリエへの階段を登ると、この2枚のポスターが貼られています。
山本集が、極道の世界から陽のあたる世界への第一歩を飾った個展「山河有情展」のポスターです。
場所は、マイドーム大阪。主催は、浪商野球倶楽部高志会となっています。
そうです、浪商野球部OBのみなさんが山本の晴れ舞台を用意してくださったのでした。
同級生、先輩、後輩に到るまで誰が画家の世界に足を踏み入れると想像したでしょう。
(反面、極道の世界に・・・は、全員納得!?してたかも)
今では、色あせたポスターではありますが浪商野球部OBの方々の気持ちは、
山本集の心の中に深く根付いて色あせることがないでしょう。
そして、第2回「山河有情展」のポスター。
こちらは、なんと名だたるミュージシャンがライブを行う場所として知られている大阪IMPホール。
当時は、大阪城の足元にできた大阪ビジネスパークという洒落た一角。
まさか、そんな最先端の場所で山本が個展を開けるとは夢にも思わず・・・。
このポスターは、当時電車の車内広告としても大阪の地下鉄を彩りました。
山本が描く夕景の赤は、山本が心に流した血の色だと評価されたのも思い出深いです。
カテゴリーlime

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です