アトリエへの階段 その3

力強い筆さばきを捉えた写真が個展のポスターとなっています。
このポスターを見ると、山本集が今は亡き人であることなど到底考えられませんね。
灼熱のアトリエで、エアコンもつけず汗だくになって絵を書き上げていました。
食事をすることすら忘れて集中する山本に、食事の準備ができたことを告げるため
3階にあるアトリエに向かっては、「やかましいっ!」と叱られたことも懐かしい思い出です。
「オレの絵を見てくれ」・・・そんな画家が今までにいたでしょうか。
でも、この言葉ほど画家 山本集を表した言葉も見つかりません(笑)
カテゴリーlime

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です