深秋・・・

明日で11月も終わりとなり2018年が足早に過ぎ去ろうとしています。
先日、山本集の姉が住む兵庫県宍粟市にお邪魔してきました。
ここ奈良県五條市からは車で約2時間半。
幸い、秋晴れでとても暖かくドライブにはもってこいな1日でした。
このお姉さんこそ、ヤンチャ、ゴンタクレで名を馳せた浪商時代の山本と
野球一筋脇目も振らず毎夜手のひらに血が滲むほど素振りに明け暮れた
張本勲氏の2人を一生懸命お世話した(大学生だったのに・・・)かのお姉さんです。
今では80歳を超え・・・いやいや実際はこんな80歳はいないだろう!
さすが山本の実姉!と唸るほどのトーク力(笑)
楽しい1日を過ごすことができました。
で、ふと裏山を見ればどこかで見たことのあるような懐かしい風景。
すぐにカメラに収めたのがこの上の写真です。

アトリエに戻り、あれこれ想いを馳せていると・・・。
そう!
山本集がヤクザから画家に転進し初めての画集「山河有情」でした。
表紙になった作品が、まさに秋の深まりを描いたもので、
この風景が写真の景色と合致したのでした。
懐かしいですねぇ〜
残念ながら今は販売していませんが、まだヤクザ現役の頃迷いながらも
「画家」への道に向かって描いた作品集。久しぶりに開いてみると胸がじわっと熱くなりました。
来月の16日で山本が旅立ってから満7年です。
おかげさまで静かに時を刻んでいる今日この頃です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です