●5.野球の好きな女の子のために野球少年に

 殴り込みの話ばかりが続いたが、ワシはもともと野球少年やったんや。
野球を始めたのは、中学の時やった。奈良県五條市の田舎育ちで、
バットなんか握ったこともなかった。
中学で好きな女の子ができて、その子が野球が好きやった。
それで野球部に入った。根が単純なんや。
 好きになった子のお父さんは画家やった。
その子は絵が上手で、頭が良くて、いつもクラスで一番やった。
単純ついでや、ワシも絵を描くようになった。
いつも二人で絵の賞をもらう。それがうれしくてうれしくて、ほんまに純やった。
 大人になって極道の道に入ったが、いま画家をやっとるのも、
その当時の潜在的な記憶があったからかもしれん。
 野球部じゃ、ワシは体が大きかったからピッチャーになった。
コントロールは悪かったが、スピードはめちゃめちゃ速い。
けど、とにかくストライクが取れん。それでオーバースローから、サイドスローに変えた。
これでどうにか試合で放れるようになった。
試合になったら、相手は三振かフォアボールや。相手はバットにもかすらん。県大会にも行った。
それで、将来はプロ野球の選手になったろうと思い、
親兄弟の反対を押し切って、大阪の浪商に入学したんや。
 当時の浪商ゆうたら全盛期や。甲子園では何度も優勝しとったし、
浪商からは坂崎 和彦(巨人)や山本 八郎(東映)と憧れのプロ選手がたくさん出ていた。
浪商に入れば甲子園に行ける。そしてプロ野球選手になれる。
そないしたら、大好きな彼女もオレのことを気に掛けてくれるやろう、
ひょっとすると結婚できるかもしれん。こんな夢を描いておった。
 大阪に初めて行った時、女の人が、マニキュアつけてハイヒール履いて歩いているのを見た。
あんまり珍しいから後をくっついて歩いとったら、お巡りさんに怒られたことがあった。
そんな純情な時がワシにもあったんや。
 憧れの浪商に入ってはみたものの、新入生400人のほとんどが野球部に入っとる。
レギュラーになるどころか、新入生だけで40チームはできる。
そやから、新入生はバットはおろおか、ボールにも触らせてもらえへん。
毎日、淀川のランニングや。それで上級生がちょっとでも気にいらんことがあれば、
バットでケツを思いっきりひっぱたかれる。「ケツバン」や。
脳天までズーンと響く痛さや。浪商名物のシゴキやな。
ケツがはれあがって、銭湯行っても前は隠さず、手拭いで後を隠して風呂に入ってたくらいや。
 厳しい練習の中、淀川べりを走っとって、夕焼けで西の空が赤うなってきたら、
やっぱり、田舎が恋しゅうなる。まだ15の子供や。今の言葉で言うたらホームシックやな。
極道になって刑務所に入った時もそうやった。何度か懲罰房に入れられたこともある。
小さな窓からイワシ雲が見えたり、真っ赤な夕日が差し込んでくると、故郷を思い出す。
夢見るのもガキのころのことや。
 40歳になってヤクザの親分しておった時も、
やめて絵を描いてる今でも夢の中に出てくる女の子はセーラー服姿なんや。
 けど、ヤクザいうのは、そんなカッコのええもんと違う。見栄と虚勢の世界や。
鬼みたいな顔しとっても、心の中では虚しさと侘びしさでいつも泣いている。
一年前から画家として絵を描いとるが、どうしても故郷の風景が頭に浮かぶ。
桜の花が一斉に咲き、山中が桜に埋め尽くされ、秋には紅葉する山を思い浮かべると、
たまらない気持ちになる。ワシの絵の赤い色使いを、ある人は、「血の色のようだ」と言った。
そうかもしれん。カッコよすぎるが、ワシは自分の血を流すつもりで絵を描いとるのや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です