大好物のお好み焼き

今日は、山本集の好物について話しましょう。
皆さんに周知の食べ物と言えば、「おはぎ」ですね。山本は、無類の甘党でしたから、おはぎの他に、まんじゅう、餅、ようかん、さらには、アイスクリームに至るまで、食後は必ずデザートを頬張っておりました。
そこで、メインディッシュ。
焼き肉、ふぐ鍋はもちろん他には、田舎料理を特に好んでいたようです。
ぬか漬け、自家製梅干し、自家製らっきょうなども。

山本集が、アトリエにいる際にお客様がお見えになったら必ず連れて行きたがったのが、お好みハウス「わらべ」でした。
なぜなら…
このお店は、なんと!山本が学生の頃、心のマドンナだった女性が女将さん。
きっと、お好み焼きを食べながら少年に戻れる、唯一の場所だったのかもしれません。
あ、もちろんお味の方は保証付き!
お店は五條市役所の近所にあります、みなさまもぜひお運びくださいね。

お好みハウス「わらべ」
奈良県五條市本町1−2−7
TEL: 0747-23-2772

地蔵盆

今年も、地蔵盆の日を迎えました。
早朝から、地域の方々が準備を進めて下さっています。
この地蔵盆、生前の山本集は、どんな用があっても必ず帰省し、参加しておりました。
きっと今日も、この青空のもとからこちらを眺めているに違いありません。
地蔵盆の本番は、13時から。
地蔵尊をお奉りしているお寺の住職様の読経が始まります。

残暑お見舞い申し上げます

「宵待」100号

毎日、厳しい暑さが続いておりますが、
皆様には、お変わりなくおすごしでしょうか。
先日、初盆を迎えたアトリエには、多くの方が
お参りに下さいまして、本当にありがとうございました。
山本家に伝わる慣習に則って、滞りなくおまつりいたしましたことをご報告いたします。
さて、アトリエのある奈良県五條市の中心に位置する五條市役所。
その正面玄関には、1992年制作の油彩画「宵待」が展示されています。
このように五條市内には、山本集の描いた作品が遺されていますので、
今後少しずつ、ご紹介してまいりたいと思います。

五條市のマスコット「ゴーちゃん」

初盆にむけて

まもなく8月。
連日の酷暑に、皆様はおかわりございませんでしょうか。
さて今年のお盆は、亡き山本集の初盆となりますので、ここ奈良の五條で古くから伝わる真言宗の慣習にならい、各種準備が着々と進められています。
そんななか先日、立派な提灯が一対送られてまいりました。
思いがけない贈り物に、残された者皆にとって、このうえない幸せを感じました。
本当にありがとうございます。
みなさまの想いが待つアトリエに、間もなく山本集の魂が戻ってまいる予定です。